Just another WordPress site

カードローン審査について

カードローン会社によって審査基準は異なりますが、主に職業、年齢、居住年数などで判断されます。
安定した職業で、安定した生活を送っている人は審査に通りやすく、勤続年数が短かったり、転居が多い人は審査に不利になります。
過去の利用状況も重視されます。これまでに延滞などの問題やトラブルがあった場合には審査に通りにくくなります。
虚偽の申込みは不利になりますので得策ではありません。正しく申告をすることが大切です。

カードローンの審査には、事前審査と本審査があります。事前審査は、インターネットで申込み、数分で結果が出ます。仮審査に通ると本審査へと進み、本人確認書類などの審査や、在籍確認が行なわれます。勤務先に電話で在籍確認が行なわれますが、個人名が使用されますのでカードローンの利用が知られることはありません。

お金は急に必要になることがあります。カードローンをあらかじめ申込んでおき、審査を通過していれば、不測の事態が生じたときのための備えとなります。

カードローン会社

カードローンを扱う会社には、消費者金融系と銀行系があり、それぞれの審査基準については公開されていませんが、アイフルなどの消費者金融系は審査が早く、審査基準も比較的甘いと言われています。
審査自体も、webで本人確認書類を送信するだけで、申込みを完結できるカードローン会社も増えています。

金利が安いカードローンの選び方

お金がどうしても必要な時にカードローンやキャッシングを利用されているという方もいらっしゃいますが、
カードローンサービスの選択時に金利についてもしっかりと事前チェックを行うことが大きなメリットにつながってきます。
現代のカードローンでは融資までのスピードが重要視されるようになっているようですが返済時の負担を軽減するためにも、利用前に金利の安いカードローンを見つけておくというのも重要になってくるものだと考えられます。
特にカードローンの返済時に最も大きな負担となって感じられるものが金利負担であると思われますので、実際にカードローンの申し込みをする前に実質年率などはじっくりと検討しておくということが大切になってくるのです。
最近ではカードローンに関連しているWEBコンテンツ比較サイトも多数構築されるようになってきておりますので、
返済プランを立てる際に各カードローン会社の金利負担額を計算しておくということが求められると思います。
またカードローンで複数の借り入れをしてしまっていてその中に高金利の借り入れがあるという方や、多重債務によって返済負担が大きくなってきているという方にはおまとめローンなどのサービスもお勧めとなっております。
ここ数年では消費者金融をはじめとして銀行などの金融機関においておまとめローンも豊富に用意されるようになっており、通常のカードローンプランに比べて低金利でサービスが提供されておりますので、もし既存の借り入れ負担を顕現したいという場合には、低金利で高額な借り入れができるおまとめローンを活用してみるというのも便利な方法となっております。
カードローンを賢く利用していくためにはスピーディな借り入れはもちろんのこと負担の少ない返済計画を立てることも大切でありますので、融資の申し込みをする前に金利計算などの返済プランを確実に構築しておくということが重要なポイントになってくると考えられるのです。

申し込みブラックの危険性

カードローンやキャッシングの契約をする際にはローン会社の審査を受けることが必須になっておりますが、
複数カードローン会社に申し込みをしてしまっていると審査に落ちてしまうということがあります。
これは申し込みブラックと呼ばれるもので、短期間に複数カードローン会社に融資申し込みをしてしまうと、それだけで申し込みブラックとして信用情報会社に登録されてしまうというリスクを持っているのです。
一度申し込みブラックになってしまうと、最短でも半年はカードローンの審査に通らなくなってしまいますので、カードローンの申し込みをする際にはできるだけ用途に合ったところに限定して申し込みをするということが大切になってくるのです。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.